2010/4/22

寒い!  季節

 桜も散ったというのに、4月も終盤にさしかかっているのに、この寒さはナニ!?といいたい。

 それでなくても、地震や火山の噴火や、天変地異の数々に不安を感じるこの頃。先日ちょっと見たテレビでは、太陽黒点が地球に影響を及ぼしています、というご意見も漏れ聞いた。星の動きが地球のみならず、人間への影響をおよぼすという話は、はるか昔から言われていることである。

 で、2010年の本屋大賞は、『天地明察』冲方丁著(角川書店)。作者がWEB本の雑誌のインタビューで、こんなことをおっしゃっていた。以下は引用。

16歳の時に暦について調べていたんですね。八卦、六十四卦、七十二候、二十四節気、陰陽道、神道などを調べました。海外にいる頃、日本人の宗教は何だというクエスチョンをよくされて、それが心に残っていて、日本に帰ってきてカレンダーを見ていて、これが日本人にとっての宗教なのかなと思ったんです。すごく緩やかで曖昧で漠然としているけれど、何かしらそこに法則がある。時のめぐり、星のめぐり合わせに対して、ある種の信仰心がある。それは他の宗教とはあまりに違うけれど、言葉にならないものを日々の中に取り入れていく方法に関しては、日本人は巧みなんじゃないかと思うんです。そういうことを考えてカレンダーにハマっていったら、日本で初めて暦を作った渋川春海という人物にいきあたり、さらに調べていくうちに渋川春海自身にハマったんですですね。

 で、その渋川春海さんを主人公としたのが『天地明察』だとか。私は『本屋大賞』エントリー作品は、ひとつも読んでいないにも関わらず、感触として『船に乗れ!』藤谷治/著(ジャイブ)を押していたのだけど、今年の『天地明察』受賞は、なかなかタイムリーかもしれない。(読んでないけど・・・)

 しかし冲方丁さんって、すごい高校生だったんですね。私はひとり、こんな男子高校生を知っているけど、彼の未来も楽しみだ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ