2016/9/9

観音様と山登り  神社仏閣/教会

 ということで、ロープーウェイで山に着いてからも、山道を歩く歩く!

 でも山中のフェトンチッドで満たされ、ツクツクボウシとアブラゼミの混声しぐれの中なので、気分は爽快。

クリックすると元のサイズで表示します

 鐘楼が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

 この看板では、さもすぐに到着するみたいな感じだけど、私は道草三昧のせいもあり、40分以上かかりました(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 帰りに鐘を撞いてらっしゃるご夫婦がいらして、梵鐘の音をきくことができた。

クリックすると元のサイズで表示します

 あれにみえるのは、もしかして・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 大阪の葛井寺(ふじいでら)の十一面千手千眼観音さま! お懐かしや! 紙芝居のオジサンにもお会いできた、思い出深い観音様だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 うわあ、長谷寺の観音様だ!! やはりあのスケール感がないと、漫画っぽい頭身になっちゃうのかなあ。でも再会できて、とてもうれしい!

クリックすると元のサイズで表示します

 三室戸寺の観音さまは、たったいま颯爽とおでまし感がすごい。このお方にも、いずれお会いしに行かねば。

クリックすると元のサイズで表示します

 醍醐寺の如意輪観音様! お懐かしや、今もお慕い申し上げております。

 クリックすると元のサイズで表示します

 おおお〜! 石山寺の観音様は、今年の33年に一度のご尊顔を拝するチャンスを逃さないようにしないと。シンプルな光背も古代めいていい。

クリックすると元のサイズで表示します

 三井寺の如意輪様も! ビッグネームの連続に、レプリカといえどドキドキするなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 このドキドキ感は、山の中の木立の間におられるという環境の素晴らしさにも起因するのだろう。観音トレイルのあまりの素敵さに、上り坂も辛くはない。ゆっくり登っているのと、道が整備されているおかげでもあるのだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

 姫路を一望できる視界の開けた場所で、ちょっと休憩し、展望を満喫する。

クリックすると元のサイズで表示します

 ふたたび歩き出す。ほどなく建築物が見え隠れしてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ついに山門までたどり着く。いよいよ境内に入るのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 仁王様はいらっしゃらないけど、代わりに、お洒落なモノトーンの草鞋が掛かっていた。草鞋は仁王様の象徴だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ