2016/9/16

三つの堂(三之堂)・食堂(じきどう)・常行堂  神社仏閣/教会

 食堂はごくシンプル、
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ここには僧侶さんが受付に座る授与品売り場もあり、大きな弁慶の人形が見えをきっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 堂内の壁際には、寺院の古くて大きな鬼瓦が、ずらりと並んでいた。鬼瓦好きの私は欣喜雀躍して、つぶさに鑑賞する。

 少女マンガのように、つぶらな瞳の鬼瓦にミュンミュン(ミスタッチだが、なんとなくフィットするのでこのまま)する。見たこと無いぞ、こんなの!

 で、鬼瓦だけをみて食堂を去った。しかし、あとから調べて気づいたのだが、2階に仏像やその他寺宝の展示がされているそうではないか!! 

 うかつ!! おろか!!

 と1ヶ月以上経ってから、自分を責めているのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 大好きな古式ゆかしい蔀戸(しとみど)を見て、わくわく。

 ところで、食堂では写経机が並んでいた。ということは、写経もできるらしい。こんな場所で写経するなんてサイコーではないですか。いや、私はしないけどね。まず、足の故障で正座ができないも〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します

 鬼瓦にひきつづき、授与品をチェック。すると、「いまなら期間限定で、日本で唯一、チベット語の御朱印を、開山堂にてお分けしております。」という張り紙が目に入った。

 仏教系の大学図書館で働いていた事もあったので、サンスクリットやチベット語を見た事はあった。でもそれが御朱印となると、突然、物欲のとりことなるのは、どうしたわけであろうか。明治時代までは女人禁制だったらしい、山岳の聖なる結界にいるというのに、である。世俗の煩悩は、そうたやすくは剥がれ落ちるものではないらしい。

 食堂と常行堂の屋根も、見事に重なっていた。こちらは「コの字型」の内側からみたところ↓

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてこちらは外側から見たところ↓ 間にみえる向こうの建物は、大講堂。

クリックすると元のサイズで表示します

 常行堂には上がれないので、外側からぼんやり眺めていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ↑これはサイドからみた常行堂。

クリックすると元のサイズで表示します

 ↑これは正面からみた常行堂。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ロングに引いてみた常行堂。

 そうそう、鬼瓦も採取しなきゃね。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらはいかついが、

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらは剽軽者。

クリックすると元のサイズで表示します

 などと眺めているうちに、一般人は上がれないはずの常行堂から、わらわらと「動きやすい服装」のおばさまたちがでてきて、堂の縁側に於いて、いっせいにヨガマットを敷き出したではないか!

クリックすると元のサイズで表示します

 えええええ〜っ!!? お堂の縁側でヨガ!? それも国指定重要文化財の縁側ですよ、あなた!

 たぶんシルバ―ヨガ教室が、常行堂を予約されていたのだろう。まあ、たしかにヨガは修行法のひとつでもあるのだけど・・・いや、おばさまたちがお寺の縁側で、一斉にヨガマットを敷く図、というのは、息を呑むほどシュールでしたよ。自分が今どこにいるのかを、見失いそうなくらいでした。

 ちなみに常行堂は、1453年頃に再建されたもので、ひたすら阿弥陀仏の名を唱えながら本尊を回る修行を行う場所なのだ。

 この素晴らしい三つの堂のロケーションは、世間から放っておかれるはずもなく、映画「ラストサムライ」、NHK大河ドラマ「武蔵」「軍師官兵衛」でロケ地となった場所らしい。ワールドワイドに使われた場所なのだ。今思い出したが、そういえば食堂には、鬼瓦とともに、たくさんのスチールパネルが飾られていたのだった。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ