2010/7/22

あつい!!  季節

 仕事の忙しさもさることながら、何よりこのアツさに参っているのかもしれない。尋常じゃないアツさだ。

 このあいだH氏とドライブしたときには、道沿いにある電光掲示の温度計が、ななんと!! 40℃を記録していた。

 これ、体温より高いじゃないか! ほぼ高熱にうなされる温度じゃないか! 関節が痛くて寝たきり状態の数字じゃないか! アツさになぎ倒されるのも、むべなるかな。

 それでもKちゃんが言うには、「滋賀県、涼しい〜! 京都にいたら、煮干しになる〜」 

 煮干し?? それをいうなら、日干し、もしくは干物でしょうが?

 お兄ちゃんも、大阪に比べたら、滋賀県はパラダイスだそうだ。大阪も、「ありえへんくらい」暑いそうなのだ。

 私の遥か遠い記憶では、奈良も暑かった。常に喉の乾きに苦しみ、やっと潤した!と思ったそばから、汗になって出て行くのだ。奈良は冬もピシッと寒いけれど、夏の暑さも灼熱地獄だ。

 こんなに暑くても、滋賀県は「まだ、まし」なのだ。琵琶湖の威力なんだろうな〜、きっと。なんせ、「近畿の水瓶」だもんな。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ