2010/11/29

狛犬と兎瓦  おでかけ

 紅葉狩りという名目で着たが、神社に来た限りはチェックしなければならないのが「狛犬」だ。神社によって個性豊かな「狛犬」には、思わぬ掘り出し物があったりする(たとえば濱口優似の狛犬とか)。

 まずは門前で迎えてくれた狛犬たち↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 うん、なかなかの面構えではないか!

 楼閣を入ってすぐ右手側に、「乙殿神社」というちいさな社が。ここは菅原道真=天神様が祀られている天満宮。ここにもやっぱり「狛犬」が↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 屋根の鬼瓦は、鬼ではなく、偶然にも来年の干支、兎だ。写真で年賀状作成組は、ここで画像をイタダキだ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、いよいよ拝殿↓
クリックすると元のサイズで表示します

 拝殿の狛犬は・・・えっ!? 『包帯クラブ』(by天童荒太)??↓

クリックすると元のサイズで表示します
 あまりにも痛々しいので、一体しか撮っていない。

 実はコレ、参拝者が神社で用意された布に住所と名前を書き、病んで治したい部分を狛犬の同じ部分に巻くと、そこが治るらしいのだ。白い布は賽銭箱の横に用意されていて、むろん有料(500円)である。500円で平癒する(のか!?)なら安いものなのだが、狛犬さんがますます痛々しくなっては気の毒なので、きっとH氏は遠慮したのだと思う。

 しかし、この神社のつっこみどころは狛犬だけではない。まだこの神社にかんするネタはあるのだが、眠いので、明日また。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ