2010/12/27

『マッチ売りの少女』たち  

 アンデルセン童話のなかに『マッチ売りの少女』という有名な話がある。

 貧しい少女が、裸足で薄着で雪の町中で「マッチはいかがですか? マッチを買ってください」と売り歩くけれど、マッチは一つも売れない。しかし「全部売るまで帰って来ちゃダメだよ!」といわれているので、日が暮れても帰ることができないのだ。
 夜になってあまりの寒さにマッチを摺っていくと、さまざまな幻が浮かび消えてゆく。最後に、やさしかったおばあちゃんの幻が手招きをするのだ。これは決して消してはいけないと、少女はマッチの火を燃やし続け、大好きなおばあちゃんと旅だってゆく、という悲しいお話である。

 これを地でいくようなお仕事をされている方々が、12月にはいらっしゃる。

 寒風吹きすさぶ戸外に、易者のように台をおいただけの簡易出張販売所がある。そこに制服姿のひとがいて、ひとり、乃至ふたりで、道行く人々に声をかけるのだ。「年賀はがきはいかがですか〜」

 たいていの人は立ち止まることも、顔を向けることもなく、無慈悲にも足早に通り過ぎて行く。

 そして毎年のことながら、年明けに書くことになるかもしれない年賀状の予備を、私はここで買ってしまうのである。

 郵便局、恐るべし! もしかすると職員のみなさまは「ぜんぶ売るまで帰って来ちゃいけんかんね!」と言われているのかもしれない。
 我家ではこれを「マッチ売りの少女大作戦」と、本日名付けさせていただきました。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ