2011/1/19

冬の月夜  季節

 夜の10時を越えてから、車で駅まで子どもたちを迎えに2往復。

 珍しく車通りがなくて、なんだか清々しいような厳粛なような道路だった。それは、まばゆいばかりの月夜だったからかもしれない。

 いつもは家を出て車までは暗闇なので、足下が見えず不安な気持ちになるのだけれど、本日の冴え冴えと輝く月明かりは影が落ちるくらいだった。不思議なことが起こりそうなくらいの明るい夜だ。寒くてときにはめげがちな夜のお仕事だけど、今日はちょっと浮き浮きするようなドライブになった。
0



2011/1/20  23:18

投稿者:紙魚子

そうか、れんくみさんもご覧になったんですね!明け方まで月光力は続いていたんですか。なんだかちょっと目にすることがないくらいな、明るい月でした。これって子どもたちの夜のお迎え仕事があってこそ、見られた景色なんですよね。Special Thanksというやつですね。

2011/1/20  7:53

投稿者:れんくみ

いつものとおり朝四時過ぎに台所(昔ながらのお台所で、北西向きなのです)でお弁当作りを始めると、窓ガラス越しに西のほうに異常に明るく電気がついてる気配『あんなとこに街灯あったかなあ・・ひょっとして火事?!』びっくりして外に出ると、おお〜〜きな満月!!
早朝の駅までドライブ中もまだ、月は西の山際にものすごく美しくて『ぞくっとするくらいきれいやな〜』っていうと『やみ弁当(車での朝食)のおかずが見えて、ぞくっとするくらいうれしいわ』と息子。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ