2011/4/29

実話です。  ファミリー

 先日Kちゃんから聞いた話。

 Kちゃんがうちの家族の話をしたらテッパンでウケる、という話は前に書いた。その話には続きがあったのだ。

 「ウケるんやけど、だれもホンマのことやと思てへんねん。(場を盛り上げようとする明石家さんま的サービス精神での)ウチのつくり話やと思てるねん」

 「小学校のとき、おとーさんが黒いウインドブレイカーが破れたし、そこにベージュのガムテープ貼ったんや。その服、知らんと羽織っておかーさんがウチを迎えにきてくれて、ベンツやBMWがところどころにある学校の駐車場に車(当然ボロい中古の軽自動車)から出て、他のおかあさんとしゃべってたのみたときは、めっちゃ恥ずかしかった」という昔の実話を、得意げに?友達にしゃべったところ、
「『ほらほら〜またウケよ、おもて〜(笑)』といわれるのが、最近のちょっと困ったことらしい(クラスも変わったし)。

「え〜〜!? 全部ホンマやのにな〜」
「ほやろ! でも誰も信じてくれはらへんねんな」

 でもまあ、これくらいの困り事なら、かわいいもんだ。要するに、こんなことくらいしか悩みがないくらい平和な心境なのだ。

 ところで、この「ガムテープつきウインドブレイカー事件」には、続きがあるのだが、Kちゃんは知っているのだろうか?

 お兄ちゃんのTくん(当時高校生)は、我家一、ファッションに興味がない男だ。大学生になり私服で闊歩するようになると、トンデモファッションで通学していたので、我家で一番おしゃれなKちゃんは「絶対、(外では)そばにいたくない!」と呆れていたほどだ。

 そのTくんですら、H氏のガムテープ付き黒いウインドブレーカーを、眉をひそめて見ていたらしい。そして思いあまってH氏に進言したそうだ。

「それ、黒いガムテープの方が、いいんちがう?」。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ