2011/6/6

建築と対話  おしごと

 単発のお仕事が降って湧いたので、わくわくしながら現地に向かう。友達のお手伝いで、ちいさな美術館(というよりギャラリーに近い)の一日管理人(のようなもの)だ。孤独なひとりしごとは、私にうってつけだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 照明は磨りガラスの天窓や磨りガラスを連ねた廊下などから、自然光のみを利用している。だから閉館時間は明記されず「日没」時だ。ちなみに施設は、かの安藤忠雄作品なのだが、地上からは発見できないような半地中にあるので、見逃されがちだ。よほどの安藤ファンか、よほどプッシュされた人でなければ来る事もないだろう。クリックすると元のサイズで表示します美術館は無料だが、公園の入場料は払わなければならない。そんなこともあり、安藤ファンが見たら怒り出しかねない打ち捨てられ感だ。


 しかし明らかに使い勝手が悪く、管理がむずかしい建築物(わざわざそんな風につくってある)なので、「普通のひと」や「小さな自治体」には手に負えないことも理解できる。

クリックすると元のサイズで表示します
 でもひとりでぽつねんと受付に居ると、展示物ではなく建物と対話をせざるをえない。そこは、さすがに名だたる建築家の作品である。クリックすると元のサイズで表示しますとはいえ、展示室は湾曲したひと部屋、あとは磨りガラスの曲線廊下と、廊下のドンツキの休憩所(??)のみ。そこからは(雑)草木が茂る裏手の土手を眺めることができる。

 正直、安藤作品に思い入れはないが、「ワタシにふさわしい使い方を」と要求する建物の声を無視するわけにもいかないだろう。私は「普通のひと」なので、画家の山口晃さんのように一枚ウワテはおろか、「ふさわしい」レベルにだって到底無理だけど、何かできないものだろうか? もっとも部外者ではあるし、手出しする立場にはいないので、妄想するだけでも許されたい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 何度も何度も歩いて眺めてみる。宿題用に写真も撮ってみる。数日は、のめり込むつもり。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ