2011/7/18

昭和レトロ  お買い物

 もう10日以上前の話になってしまい恐縮だけど、それはすてきな小さいお店、『クレバービル』に行った。

 ユースドグッズのお店で、お洋服から雑貨まで、あれもこれも素敵なのは、かわいいもの、ロマンチックな物のテイストが、きらっとしゃんとオトナだからかもしれない。しかもお値段はお手頃。

 お店をひとりで切り盛りしているK子さんがまた、それはおしゃれで、楽しい気持ちのよい方なのだ。めいっぱい楽しみながらも、真摯にまっすぐ人生に向き合う姿勢も。実は密かに心打たれたりしている。
 何を買うというあてもなく、わざわざ出向いたのは、店主のK子さんと少しおしゃべりしたかったのかもしれない。

 K子さんは驚異的にセンスのいい方なので、小さなスペースに大量のモノがあるのに、ごちゃごちゃ感がなく、ひとつの不思議な世界を作っている。ちょっとした結界である。

 なんとなく気持ちが行き詰まったり、八方ふさがりを打破したいとき、私は『クレバービル』の扉をひらく。とくになんら解決を見るわけではないけれど、素敵なモノたちに囲まれ、K子さんとおしゃべりしているだけで、なにか晴れ晴れと帰路につくことが出来る気がする。

 その日も、彼女とひとしきりおしゃべりした後で店内を物色(!)して、久しぶりに恋に落ちる。こころをわしづかみにされたのは、カップ&ソーサーの5客セットだ。

 でも値札がない!? どうしても気になるので、お値段をきいてみたら、
「あー!! それ!! 今日入ったばっかりなんです〜!」と、とってもうれしそうな返答が返ってきた。彼女も買い付けただけあった、当然お気に入りなのだ。(たぶん彼女は自分が気に入るものしか買い付けないような気がする。そういう点は妥協しない人だと思う)

 雰囲気は懐かしいのに、モダンな形。渋い色と模様。もう買うしかないだろう。

 ということで、近頃私の寵愛を一身に受けているカップ&ソーサー↓ 

 クリックすると元のサイズで表示します

 薄くてはかなげな風情もまた、なんともいとおしい。

クリックすると元のサイズで表示します
 メーカーは SWALLOW (SONE)。たぶん60年代〜70年代のものなので、私の子ども時代とリンクし、昭和レトロな琴線に響いたのだろうと思われる。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ