2011/8/22

ちょんまげに非ず  

 FMのちょんまげ三昧は、『仮面の忍者赤影』とか『新八犬伝』とか「わぁ、なつかし〜!」というのもあったけれど、私の琴線に触れたのは2曲。

 『戦国自衛隊のテーマ』。松村とおるが、♪サン・ゴーズ・ダウン・・・♪と歌う、あれ(って、知ってる人しかわからないって)。映画『戦国自衛隊』のテーマソングだ。18歳のお正月にひとりで映画館で観て、大感激して号泣し続けてもう1回観た。その後もテレビで放映されるたびに観ていたかも。
 『戦国自衛隊』は劇中の歌がホントに好きで、テレビで放映された時テープに録音して自家製サントラを作ったくらいだ(当時はビデオがまだ普及していなかった)。今夜、久々に聴いて、懐かしくて鳥肌が立ってしまった。

 もうひとつは『大岡越前のオープニングテーマ』。『大岡越前』は月曜日の夜に放映されていた。そして中学生の頃、私は翌日の火曜日にある家庭科の洋裁の宿題を、この時間帯に泣く泣くしていたのだ。

 この哀愁漂う口笛のメロディは、いやがおうにも私の「明日の家庭科、イヤやな〜(泣)」という憂鬱をいっそう深めてくれた。『大岡越前のテーマ』と『家庭科の宿題(と翌日の実習授業)』はセットになっている。とはいえ、ドラマとしての『大岡越前』は好きだったのだ。山口崇演じる友人(!?)徳川吉宗も含めて。

 いまでも私の悪夢のパターンとして「火曜日の朝にまだ家庭科の宿題ができていなくて、しかも遅刻しそうな時間に登校する」というものがあるくらいだ。

 それほど嫌いだったのに、いまでは手芸に悪いイメージをもっていない。

 もちろん相変わらず下手っぴだ。けれど今は、「下手だけど、それを恥じなくてもいい」「自分が気に入ってたらそれでいいじゃん」だからだろう。高校時代には講義だけで、家庭科の実技がなかったからキズを深くせずに済んだというのも大きい。
 
 こどもたちにフェルト手芸ながら「ノバウサギ」や「ゴーヤマン」を作ってあげられる程度には、手仕事が好きでよかったと、あらためて『大岡越前』を聴きながら安堵したのだった。
 
 う〜ん、全然「ちょんまげ」とは関係ない話だけど、これにてゴメンつかまつる。
0



2011/8/25  13:54

投稿者:紙魚子

奈良で『ふたつ』は難しい(笑) 確かに!! 私も奈良博は興福寺や東大寺にあんなに近いので、あわよくば久しぶりに・・・と思っていましたが、とんでもないことでした。だから大急ぎで帰宅して・・・と思いきや、なんと私はちゃっかり『ふたつ』を遂行したのでした! もうひとつは、またブログにて。

計画、というものが皆無ですからねえ、私は。とにかくひったくるように時間をかっさらって出かけますからねえ、私たちは。9月のおでかけの計画を昨日発見したので、またメールにて。もしも日にちがあえばご同行お願いします(ぺこり)

2011/8/25  11:16

投稿者:れんくみ

ああ!!いかはったのね!!!お誘いするんだった。
久々におはなしもしたかったです。
でも、2人ともいつも突然ですものね(笑)
今日、今しかいけへん!ですしね、次回は是非ご一緒に。

キュートでポップでよかったですよね。
天竺の荘厳にたれ込めた雲が
ぱっか〜んと切れて、人々の声が聞こえるような気がしました/

奈良ホテルでゆっくりランチしようと思ってたのに、
もひとつ見たかった先輩の展覧会がなかなか遠くて
結局、イトーヨーカドーで
せかせかと讃岐うどんになっちゃいました。

ここで、一句

シンデレラ
奈良で『ふたつ』は難しい・・


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ