2011/9/30

釣り場で自然観察  おでかけ

 昨日の続きです。

 雄大な大自然の中、釣り場の日陰でアウトドア読書をするのはサイコーの贅沢だった。結局「釣り」ではなく「読書」なのだ。でもそれでは料金がもったいないので、しばしの読書の後、自然観察をすることにした。

 いろんな種類のトンボがツイーと水面を飛んでいく。シオカラトンボ(青かったので、たぶん)、オニヤンマ(でかかったので、たぶん)、ホソミオツネントンボ(調べてみたらこれしか該当しなかったので、たぶん)など、多種多様。

 ホソミオツネントンボ??が草の葉に留まった。
クリックすると元のサイズで表示します

 メタリックなブルーかグリーンの胴体、透明すぎてまったく認知できない羽、華奢な身体つきなどまるで妖精のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 奇妙な動きは産卵だろうか?
クリックすると元のサイズで表示します

 植物もいろいろ。名前はほぼわからない。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 カヤツリソウの仲間か?↑

クリックすると元のサイズで表示します
 ツユクサの仲間、イボクサ↑

クリックすると元のサイズで表示します
 これはわかる。ツユクサだ↑

 そして今日は、金木犀の初香り。庭の金木犀はまだツボミだったけれど、ツボミでも香るのだ。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ