2011/11/22

虹を見た日  季節

 さっと時雨れる季節には、つかのま虹が出る。

 昨日、運転中に虹の左側を見つけ、一気にテンションがあがる。

 カメラ、カメラ! 写真、写真!

 コンビニの駐車場に入って、急いでシャッターを

クリックすると元のサイズで表示します

 ・・・消えていた。


 だけど、右側にはくっきりとした虹が残っている! 神はわれを見放してはいなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真より目で見た方がくっきり、かつ近いんだけどな。よし、ズーム!

クリックすると元のサイズで表示します

 虹の足下って、どうなっているんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

 調べてみたら、吉野弘という詩人が、「虹の足」という詩をつくっていた。その一部↓

そんなこともあるのだろう
他人には見えて
自分には見えない幸福の中で
格別驚きもせず
幸福に生きていることが――。


虹から離れている人には、虹は見えるけれど、虹の足元にいる人には、虹は見えない。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ