2011/12/26

ゆるい希望がいい。  テレビ/ラジオ

 専業主婦になって初めての12月。だから先生も走る(これは現代の超多忙な先生に対して失礼では?と思うのだけど)といわれるほど忙しい12月に、やはり気は急くけれど、いつものような切羽詰まった崖っぷち感はない。

 この気持ちにぴったりの歌があったなあ。遥か昔に聞いた歌だ。歌っている人はドン・ガバチョ。あるいは藤村有弘。私にとってドン・ガバチョは彼以外にいない。インチキ外国語をしゃべる人は、タモリ以前に彼がいたのだ。

 検索してみたら、それが『ドン・ガバチョの未来を信ずる歌』(from『ひょっこりっひょうたん島』)だということを知る。歌詞は以下のとうり↓

 ♪今日がだめなら明日にしましょ、明日がだめならあさってにしましょ、明後日がだめならしあさってにしましょ、どこまでいっても明日がある♪

 これよ、これ! 私の家事予定変更時のテーマソングになりつつある。以前は今日はコレをして・・・と計画し、遂行できない時はけっこう凹んだんだけど。
 
 ♪どこまでいっても明日が、ある♪

 ああ、そうだった! 明日があるじゃない!

 これって、どんどん仕事がはかどらなくなり、スピードダウンし、からだが動かなくなる老齢期に向かっている私に、明星のような輝きを与えてくれる歌でもあるのだ。

 いいなあ、ドン・ガバチョ。そして藤村有弘。私にとっては『希望』ってマジメに語るより、肩のチカラを抜いたゆるいところにあるのかも。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ