2012/3/16

龍と涅槃図ツアー始動す。  神社仏閣/教会

 今日は宣京師、小嶋先生の歴史ウォークで涅槃図を見るミニツアーがあったのだ。実は2月に申し込んだけど、さすがは人気講師、すぐさま定員オーバーになって、早々に閉め切られてしまっていた(悲)

 でも悔しいので、独自に企画して同じ日にぶつけてみた。・・・って、うそ。たまたま今日都合がついただけ。それに、東福寺や泉涌寺の涅槃図公開は、3月14、15、16日の3日間だけだから。スペシャルな企画なのだ。

 名付けて『龍と涅槃図を見る、歩け歩けツアー』。なにしろ私が作ったくらいの、ざっくりとした企画なので、半分はいきあたりばったり。予定としての行き先は、JR奈良線の東福寺駅で降り、瀧尾神社、東福寺、泉涌寺、甘味処。

 しかし、メンバーは私とれんくみさんだ。無敵ののほほんコンビである。ざっくりとした企画で、道草、寄り道、迷子を計算にいれると、甘味処はカットされるかも、というのが当初の私の予想だった。

 けれど、事実は小説より奇なり。甘味処どころか泉涌寺すらあやういところだった。

 それもそのはず、サクッと見るはずだった滝尾神社が、予想以上の出来映えだったので、かなり深入りをしてしまい、いきなり時間を取ってしまったからだ。
 それだけではなく、追加で3つの寺も見た。おまけに特別公開期間が終わっていたので諦めていた東福寺三門が、涅槃会期間も特別公開中だったので、これも喜んで追加した。
 付け加えると、ラッキーにも宣京師率いる一団に偶然混入し、先生やお坊様の説明を聞いてしまうという、うれしい時間ロス(内容的にはロスじゃない!プラスや!)も。偶然とはいうものの、行き先はほぼ一緒ですから〜。

 そりゃ、タイムオーバーするはずやんけ!てなもんだ。頭からシッポまでアンコどころが、お腹から、はみ出すくらいの充実ぶりだもんな。1万4千歩あるいたし。

 では明日から、『龍と涅槃図を見るアルケイスト・ツアー』レポートになる予定。想定外に素晴らしかった瀧尾神社から、ようい、どん。
0



2012/3/17  11:36

投稿者:紙魚子

 お天気にも恵まれたし、たくさんの美しくて長閑で素晴らしいものたちに、じっくりと(これが大事!)出会えたし、宝物のような一日でしたよね♪ こちらこそ、計画性のないツアーにお付き合いくださり、どうもでした。あの界隈は、一日では回りきれませんね! またの機会を楽しみに。

 日常ではどうにも凹むこともあるし、疲れきることもあるけれど、それを引き摺らないこと、水木しげる先生流にいえば「疫病神や貧乏神の術中に落ちない」ということが、年とともに少しはできるようになった、ということでしょうか。マイナスポイントを口にしないのは、思ってる以上にプラスポイントなことなのかも。

 これから写真を整理・編集して、記事を書き思い出していくのも楽しみです。未定ながら次回もまた「無敵なのほほんコンビ・ツアー」で、よろしく!

2012/3/17  11:32

投稿者:れんくみ

はみ出てましたね〜!!アンコ。ぎっしりつまってました。
今日は、そのはみ出たアンコをたべながら、シゴトに励んできます。いいお天気からはじまり(数日前まで午後は雨の予定でしたが)なんでも、ええ方に解釈してしまう性分の私にとっては、サイコウの思いがけない『グッドハプニング(あるのか??このことば)』の連続でした。このツアーの詳細については、いつものとおり、紙魚子さんのすばらしい筆におまかせするとして、
この、あちこちに『からくり』ならぬ『びっくりばこ』をちりばめたようなツアー!ご一緒出来てほんとうに楽しかったです。
なにが、こんなにすばらしかったんだろう・・・と
はみだしっぱなしのアンコをなめなめ考えてたのですが、たくさんのうれしいハプニングもそうですが、
なんとも前向き!うしろはふりむかない!!悩んでも仕方ない事は、悩まない!二人で話すお話しもそう。悩みでさえもがっつり!前向き。・・そしてみるのは釈迦の入滅(笑)楽しい時間でした。
ほんとうにココロから満ち足りた、深い深い一日となりました。
ありがとうございました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ