銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 
『玉手箱』主となっているホームページhttp://www.geocities.jp/yone_tamatebako/index.html
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
マリコさまへ

いつもありがとうございます。
幹に手を当ててみると、温みを感じられました。
どっしりとした優しさがありますよね。
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
数年前の印象が強烈だったので期待していきました。
今年はちょっとずれていたかもしれません。
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
だんだん綺麗に整備されることが、
自然が少なくなる結果にもなるようですね。
樹木も減ったように感じました。
投稿者:太郎ママ
igagurikunさまへ

いつもありがとうございます。
古寺の趣は落ち着きますよね。
それでも少しずつ古きが失われていくようです。
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
確実に昔より気温が高いのですよね。
だから余計に季語とそぐわない感があるのかもしれませんね。
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
本土寺には数年ぶりに詣でました。
以前より樹木が少なくなったようで寂しくもありましたよ。
投稿者:太郎ママ
のんのんさまへ

いつもありがとうございます。
今年の秋の気候は紅葉にも影響していますね。
ちょっと残念な気もしました。
投稿者:マリコ
詩人の田村隆一さんのエッセイ”木と語る”を思い出しました。
友人としては少し恐れ多い感じもしますが、先輩として私の話を聞いていただきたいような、そんな気持ちにさせられる木の風情です。

http://blog.livedoor.jp/zenitama/
投稿者:自転車親父
こんばんは。
本土寺に行かれましたか。
今年はどうでしょうね。
近場では一番絵になる所です。
お寺の紅葉って素敵ですよね。

https://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2017
投稿者:笑子
有名なところですよね
行ったことはありませんが
お写真はいろんなところで
見せて戴いてます(*^_^*)

やっぱり気象の影響があったのでしょうね・・・


http://syouko.3rin.net/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ