銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
玄遥さまへ

いつもありがとうございます。
筆書きの少なくなった現代は、それだけでも素敵ですよね。
私もたまに署名する場合はなるべく筆を使うようにしています。
投稿者:太郎ママ
みのるさまへ

いつもありがとうございます。
短冊に墨字・・・いいですねぇ。
憧れます。
筆は持たないと書けなくなりますね。
投稿者:玄遥
土筆に筆の連想ですね

私は下手ですが「筆書き」がすきです。
私文の場合、早く書けるので封書などに使います。
ただし、最近売っている「筆ペン」は墨の濃淡が出ないので下手をカバー出来ません。

何かの会に出品する短冊・色紙は胡麻化して筆書きを続けています。
投稿者:みのる
つくしんぼつかわぬ筆のしまいさき。
私は俳句を月に1回、植物園に提出するのですがそのときだけ墨を摺ります。
つく新保かわいい!

https://blog.goo.ne.jp/cocoaminoru180205
投稿者:太郎ママ
igagurikunさまへ

いつもありがとうございます。
お兄様はお寺様でしたか。
それでは筆は常に持ちますね。
沢山のお札を書きますので、疲れるだろうと想像しています。
現代は墨汁を使うのでしょうか?
投稿者:太郎ママ
マリコさまへ

いつもありがとうございます。
やはり書道を習ったことがあるのですね。
日本人の趣味には最高だと思います。
男性は超現実的なのかもしれないですね。
目の前のことに集中していますものね。
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
やはり息子さんたちも・・・
毎年ある展覧会のようですね。
都美術館には油絵も展示されたことがあります。
でも、サッパリものにならないですね。
要するに、飽きっぽい性格なのですよねぇ。
投稿者:igagurikun
おはようございます、
実兄の寺でお札の名前書くので一時習いましたが
途中で諦めました、何十年も前の話です、
雪柳の花真っ白に咲きだしましたね、

https://blog.goo.ne.jp/igagurikun_1943
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
子供に習わせたこともありました身についているかどうか? 疑問です。
○○会という所に入るのは私の性分に合わないようです。
ブラリ素浪人・・・みたいな立場が一番いいですね。
投稿者:太郎ママ
のんのんさまへ

いつもありがとうございます。
私の場合、気ままな性格なのだと思います。
期待されるのもイヤだし、そのために努力などしたくないのですよ。
気ままに、好き勝手に書くのであれば・・・それが楽しいのですからね。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ