俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
探鳥も面白いですよ。
ぜひ楽しんでみてくださいね。
投稿者:ひよどり
川鵜とか小綬鶏とか、とてもいい光景ですね。
私の行動範囲の中には、なかなか鳥類が見当たりません。
いや、見当たっても、見過ごしているのかもしれません。
頑張って、見つけて見ようと思います。
投稿者:太郎ママ
のんのんさまへ

いつもありがとうございます。

小綬鶏、野生でもいますよ。
滅多には鳴き声でさえ聞くことが出来ませんが、菩提寺の里山や自然の森公園や河川敷でも聞くことが出来ました。
雉よりも数は少ないようです。
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
カワウの狩は見たことはないですが、魚を追う様子は見たことがあります。
ミサゴの狩は豪快ですよね。
見たことがあります。
川に突っ込んで魚を捕らえるのですよね。
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

いつもありがとうございます。
(´∀`*)ウフフ・・・
コロナ禍、夜の街に出てお酒などが出来ないですものねぇ。
粋なお姉さんにもなかなか会えませんよね。
「ちょっとこい」も勇気が要りますね。
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
写真は偶然の賜物です。
ボランティアはそれなりの拘りがないと出来ない仕事ですよね。
まずは自分の心身が健康でないと出来ないようですよねぇ。
投稿者:太郎ママ
igagurikunさまへ

いつもありがとうございます。
小綬鶏は絶滅危惧種になっているとか?
我が地方では、河川敷や里山などに居るようです。
鳴き声だけは聞くことがあります。
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
拙作にありがとうございます。
小綬鶏は、里山などにいるようで、菩提寺の傍の里山や自然の森公園などで見たり聞いたりできました。
でも、滅多に姿を見ることが出来ませんね。
一度見ましたが、チャボのような可愛い鳥です。
投稿者:太郎ママ
マリコさまへ

いつもありがとうございます。
小綬鶏はなかなか見ることは出来ない鳥です。
家族単位暮らしているようで、子供連れを一度見たことがあります。
茶褐色のチャボのような鳥ですよ。
投稿者:のんのん
おはようございます。
小綬鶏・・野生でいるのですか?
水と戯れて鳥達もいる散歩道、至福の心が
見えるようです。
歩くことはとてもいい事、主治医にも言われますが
毎朝の歩き時にニャンコが現れて遊んできますが
至福のひと時です。

https://blog.goo.ne.jp/mako3618
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ