俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。

(´∀`*)ウフフそうですか、だれでも同じようなことってあるようですね。
傷ついた心はなかなか治らないものですものね。

samahe
投稿者:笑子
露涼し、まさに今の景色ですね(*'ω'*)

地震の時に塀がこわれたニュースはあちこちありました
やはりしっかりとした耐震構造が必要ですね

ショートストーリー
何かがあったのですよね
私も1人います(;^_^A
その人の家の周りは車でも通りません!!

https://blog.goo.ne.jp/morimori819
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
瓦屋根も少なくなりましたよね。
こちらの屋根は震災の時に少し落ちたかもしれないですね。
屋根も軽い素材が多くなりましたね。

samahe
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
日本列島はどこでも地震は起きますねぇ。
避けようがないです。
それを忘れてしまっている日常ですけどね。

samahe
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

いつもありがとうございます。
これは夏ミカンの花でした。
お母様は教育者だったのでしょうか?
ステキな俳句を詠まれたのですねぇ。
後悔って誰にでもあるものですねぇ。
それだけ人間って完ぺきではないということでしょうか?

samahe
投稿者:太郎ママ
igagurikunさまへ

いつもありがとうございます。
震災後は軽い製品の塀になりましたよね。
事あるごとに知恵を絞っていくものですね。

samahe
投稿者:太郎ママ
マリコさまへ

いつもありがとうございます。
阪神淡路の震災の時も映像を見ながら震えました。
地震大国って言いますが、いつどこでも起きそうで嫌ですねぇ。
その後の暮らし方も予想できないですね。
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
拙作に感謝です。
ささやかでも平穏な毎日が理想です。
地震があるたびに地球は生きているなんて思ったりしています。
投稿者:自転車親父
こんばんは。
大谷石の塀は危険ですね。
鉄筋が入ってませんからね。
崩れます。(笑)
ついでに言うとこの和瓦の家って地震に弱いのですよね。

https://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2017
投稿者:ひよどり
我が国は災害列島のようで、よく災害が起きます。
特に地震は常に揺れていると思えるほど。
老い先が短いのだから、もう勘弁して欲しいと思っても、よくもマア揺れています。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ