俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

再度ありがとうございました。
へぇ〜…・酒蔵にも? 
楽しい青春時代だったのですね。

samahe
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
時代物にはナマズが登場するのですね。
大切な蛋白源だったのでしょうね。

samahe
投稿者:次郎
太郎ママさんへ

花巻の短大で図書館司書の講習を受けた時でした。休日に民宿から自転車を借りて、北上川までギコギコと。
川だけではありません。花巻の北に南部杜氏の酒造りの中心地・石鳥谷があり、そこへは磁石のように吸い寄せられました。
投稿者:ryo
そうですね〜私も川魚は苦手なので
なまずはやはり無理ですね。
時代物が好きで剣客商売などよくみてますが昔はよく食べてたみたいね〜

kimoti
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
川魚ではアユなどは食べました。
旅先でのことですが、それはそれは美味しかったですよ。
また食べたいと思っています。

samahe
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
そうですか、ナマズ漁をしたのですね。
美味しかったのですね、我が父親も美味しそうに食べていました。
そんな時代もあったのですねぇ。

samahe
投稿者:太郎ママ
simoさまへ

いつもありがとうございます。
ナマズ食べたことがあるのですね?
雷電神社? 楽しそうなところのようですねぇ。

samahe
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
ナマズ料理もあるのですねぇ。
私もナマズは食べたことはありません。
淡白な味かもしれないですね。

samahe
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

いつもありがとうございます。
岩手まで自転車で? 遠かったでしょうねぇ。
その頃から文学青年だったのですね。
その後の就職にも影響あったのでしょうね?

samahe
投稿者:太郎ママ
igagurikunさまへ

いつもありがとうございます。
北上川で泳いでいたのですか?
川は怖いところと聞かされて育ちました。
近所の子が溺れて亡くなったりしましたし・・・

samahe
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ