俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:igagurikun
川辺から眺める緑の景色がいいですね、
私もいつも川辺を野鳥の囀り聞きながら散歩してます


https://blog.goo.ne.jp/igagurikun_1943
投稿者:笑子
老鶯の美声響いていますよね(#^^#)
水辺の緑の美しさ
癒されますね
土手の緑の景色も大好きです
季節の移り変わりを楽しんで暮らすことこそ
自然な暮らしなのですよね★

https://blog.goo.ne.jp/morimori819
投稿者:ryo
新緑が美しいですね〜
それに水辺が良いです。
心が和みますよね。
私も川辺にいますのでしょっちゅう
眺めています。

kimoti
投稿者:次郎
盛岡近辺の北上川の岸辺は、やわらかな柳の緑に覆われていましたよ。

読み終えたばかりの『銀漢の賦』葉室麟、では、江戸寛政期、腹に余命一年の悪性腫瘍を抱える元家老が、欲にかられた派閥の牛耳る藩のため「この命を使い切るところまでやってみよう」と脱藩を試みるんです。

ちょっと具合が悪いと、すぐへたれてしまう自分とは大違いだなと思いながら、老鶯にも声援を送りたいワタシです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ