俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
(´∀`*)ウフフ
そんな気がするものです。ハイ。
投稿者:ひよどり
<夏霧や取り戻したるしおらしさ   春蘭>

夏の霧にそのような効用があったのですね。
お喜び申し上げます。
散歩コースはとても素晴らしいですね。
羨ましく思います。
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
肌は大喜びしていますよ。
夏の霧はひんやりして気持ち良いですよ。
投稿者:太郎ママ
マリコさまへ

いつもありがとうございます。
都会では見られにくいかもしれないですね。
半田舎の良さでしょうか?
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
意外と肌は強い方なのですよ。
夏は何もケア無しで居た方が肌の機嫌がよいのです。
ただし、日焼けはしてますよ。
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
霧の風景は一味違ってステキなものです。
この頃は日が昇ってから歩く方が多くて、ちょっと面白くはないのですよ。
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

いつもありがとうございます。
文学界にもいろいろの事情があるのですね。
何も頓着なく自分流に書いている方が楽しいかもしれないですね。
投稿者:自転車親父
こんばんは。
幻想的ですね。
こう言うシーンに久しく出会ってません。
肌も潤いますか。(笑)
良いと思います。

https://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2017
投稿者:マリコ
こちらでは夏霧と言う現象も珍しいものになりました。(六甲山の方ではまだまだ当たり前かも知れません)
50年前には、朝もやも日常でした。
風情のある、その日常はもう私の前に現れる事は無いかも知れません。
羨ましさと悲しさと。。。

http://blog.livedoor.jp/zenitama/
投稿者:笑子
霧の中。。。しっとりと潤います
本当に年齢とともに
乾いていくものですよね〜しみじみ

冬場の乾燥のときはもう、踵のケアが大変です(笑)
早朝の気温は気持ちがいいものですよね
もう、日中は無理です(;'∀')

https://blog.goo.ne.jp/morimori819
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ