俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ryo
台風が来ていますね。
自然災害ほどおそろしいものは
ありませんね。
オリンピックにぶつからないといいけど。

kimoti
投稿者:次郎
木槿の花で思い出すシーンがあります。

潜伏宣教師のロドリゴが密訴で捕まり、縛られて馬の背に揺られ曳かれてゆきます。
途中通りかかったある村の道端に、遠藤周作は花をつけた木槿をさりげなく置いたり、雑木林の中から突然、降るような蝉の鳴き声を聞かせます。(『沈黙』)
投稿者:マリコ
木槿も色々な色がありますが、すっきりと美しいです。
私も川の傍で暮らしていましたが、こちらへ来て何年かしてから帰って、夜の川音がごうごうと鳴って居るもんだと驚いた事がありました。
耳が慣れてしまって居て、住んで居る時には全然感じた事が無かったと今更ながら畏怖しました。

http://blog.livedoor.jp/zenitama/
投稿者:igagurikun
おはようございます、
水害も怖いですよね
ウチの方も河川の決壊が毎年心配されてます
台風も近づいてるので気を付けたいです、

https://blog.goo.ne.jp/igagurikun_1943
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ