俳句銘茶処

 米岡元子の書庫です。
『太陽の子守歌』はじめノンフィクション、小説、エッセー、ショートストーリー、短歌、フォトハイクなど。



別館 紫陽花記   https://blog.goo.ne.jp/azisaiki2015 

 

 

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:太郎ママ
自転車親父さまへ

いつもありがとうございます。
大きくなりますよね。
花がいっぱい咲いて見事ですよね。
散歩道にも大きい木を見かけますよ。
投稿者:太郎ママ
次郎さまへ

いつもありがとうございます。
以前は昆虫類も多かったような気がします。
やはり、農薬散布や化学肥料などで数を少なくされているのかしら?
共存できる環境であってほしいですね。
投稿者:太郎ママ
笑子さまへ

いつもありがとうございます。
洋酒入りのチョコは美味しいですよね。
ケッコウ効いたりしますよね。
付き合い程度飲めると楽しいでしょうね。
投稿者:太郎ママ
ひよどりさまへ

いつもありがとうございます。
寝酒ですか? 熟睡できるようになるのでしょうか?
これからはお酒も美味しい季節になるのでしょうね。
飲みすぎませんように。
投稿者:太郎ママ
ryoさまへ

いつもありがとうございます。
我ら夫婦の昼食だけ私がつくります。
贅沢な暮らしのできる隠居です。
トンボもいろいろあって名前は覚えられませんね。
秋アカネ・・・その時期になりますね。
投稿者:自転車親父
こんばんは。
スイフヨウ咲いてますよね。
近所の空き地に大きな木が。
と言うか、どんどん大きくなる?
朝は白いのにね。
だんだん酔いが回るようです。(笑)

https://blog.goo.ne.jp/zitensyaoyazi2017
投稿者:次郎
子どものころの秋は野原に赤トンボが群れていました。多すぎて取る気にもならず、時々庭に迷い込んだ孤トンボが子どもの気を引きました。
田んぼや小川には、糸のように細く可憐なイトトンボが草の葉に止まっていたりして、儚げな姿がなにとなく目に止まりました。
川トンボとの違いはわかりませんが、羽根が透明なもの、黒いものがありました。
投稿者:笑子
酔芙蓉の色の変化
それでこの名前って知ったときは納得でした
(#^^#)

うちの主人はアレルギー性の皮膚病があっかして
お酒を止めていましたが、最近週末だけ
ちょっと飲みますよ

私は体質が受け付けないので舐めることもNGです
料理酒は使いますが
それから冬になると月に1回くらい
洋酒のチョコ「バッカス」が食べたくなります

https://blog.goo.ne.jp/morimori819
投稿者:ひよどり
料理に合わせて日本酒やワイン。
いいですねえ。
私は気分に任せてビールやワインです。
気分次第なのですから、寝る前に飲んだりもします。
投稿者:ryo
休日にはビールやワインなどですか?
お嫁さんの手料理なんですね。
私もたまに少しビールとかいただきます。昔は強かったんですが、今は
なめる程度。
川トンボですか?名前を知りません
でした。我が家近辺は秋あかねばかりです。

kimoti
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ