わたしたちは、子育て真っ最中の普通の母親達です。 月に一回、寺内定夫先生(財団法人文民教育協会理事長)をお迎えして、語らいの子育てについて学んでいます。 親子の絆が、穏やかに、深まるように・・ 子どもと接することが、多くの発見と豊かな感性を育み、楽しみに満ちたものであるように・・ わたしたちも、日々、努力しているところです。 おもに八王子市台町市民センターで活動しています。 子どもの感性、子育てのヒントを学ぶことはもちろん、子育て真っ最中の仲間たちとつながる場になっています。

2009/2/1

お父さんのとっておきの話し  研究会・1

今年1月の、1グループの課題は
【お父さんから取って置きの話や大好きな言葉をきかせてもらう】
【冬芽の観察】 【星空を眺めること】 の3つでした。

冬芽の観察や、星や月を眺めることは、研究会に親しむにつれ
毎月、毎年の楽しみになっています。

冬芽で感じる春の訪れ。
それを、何年もにわたって観察することで、子どもたちは
その植物に愛着を持って、時には名前をつけたりもします。

月も星空も、最近では、子どものほうから、観てみて!と声を
かけるほど。
細い三日月は 「爪のようだね」と喜んだり、
昼間に見える月や、一番星、二番星を見つけては、いいものみーつけた!
とうれしがったり、親子で空を見上げるのが、楽しみになっています。

今日は、【お父さんがしてくれたとっておきの話】の会話をひとつ  

     *     *     *

 年末、Kちゃんとお父さんが2人、新幹線や在来線を使って
 帰省する中でしたという話。
 新幹線に乗っているとき

父  『むかしお父さんが小さかったころ、列車が タカタカタン
    タカタカタンっていうから、床の下にたいこが入ってるかと
    思ってたんだよ』
   (昔、住んでいた鎌倉から岐阜の恵那へ帰省するときに乗った列車の話)

K  『それはたいこじゃないよ。橋を渡る音だよ』

父  『そうかぁ。中央線は、むかし蒸気機関車で、ポーーっていったんだよ。
    おとうさんは、ラッパだと思ったよ』

K  『それは、ラッパかもね。』

   明けて、帰京する際、今回 特急あずさにのった2人
   あずさで “ポー”といったのを聞いて

K  『あれはやっぱり、ラッパだね』
 
   そのあと、知らない特急が “ヒュー”といったのを聞いて

K  『あれはフルートみたい。
    おねえちゃんが、下にフルートを置いて行ったんじゃない?』

komaco

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ