わたしたちは、子育て真っ最中の普通の母親達です。 月に一回、寺内定夫先生(財団法人文民教育協会理事長)をお迎えして、語らいの子育てについて学んでいます。 親子の絆が、穏やかに、深まるように・・ 子どもと接することが、多くの発見と豊かな感性を育み、楽しみに満ちたものであるように・・ わたしたちも、日々、努力しているところです。 おもに八王子市台町市民センターで活動しています。 子どもの感性、子育てのヒントを学ぶことはもちろん、子育て真っ最中の仲間たちとつながる場になっています。

2008/9/12

連続セミナー  イベント

子どもの素晴らしさを発見する子育て 08/9/11(木)
見落としていませんか?子どものチャレンジ意欲・考える力・優しい心



八王子市生涯学習センターと、わたしたちの子育て研究会による
3回連続公開講座の 2回めは、上記のテーマで行われました。
前回と同じく、寺内定夫先生に、お話いただきました。

前回(7/4)終了時に、参加者が 夏休みに取り組める課題として
”〜ね ”と子どもに共感することに、目を向けてみましょう
というお話が出ました。
その  ”〜ね” がつく会話の記録から

1)育てているバケツの稲を見て(5歳)
   母 「お米大きくなったね」
   子 「ほんどだ〜」 と、うれしそう。

             「さいしょは、**みたいに小さかったのにね」
             「もっと大きくなって、稲穂が黄色くなるんだよ
              楽しみだね」
             「お米がとれたり、ワラがとれたら、何を作ろうか」


2)かき氷を食べていて (5歳)
   母 「ちょっと多すぎたね。寒くなっちゃったね」
   すると息子は、なんと抱きしめて 温めてくれました!

             「ありがとう。まるでおふとんに包まれたみたいだよ」


3)お絵かきで、グルグル赤クレヨンで 線を走らせる (1歳5か月)
   母 「じょうずにお絵かきできたね。赤色が好きなのね。
      リンゴだね」
   子 「うん」

             「このリンゴを切って、おやつにしようか」
             「クルクル皮をむいて、モグモグ
              Yちゃんのリンゴ、おいしいね」


単に「・・・・ね」という会話だけでなく、親子の共感を深め、
子どもの認識力を高めたい、というのが希望です。

1)〜3)の会話が、もっと発展的にはずんで、子どもの心に添い、
印象に残るものになるヒントが、赤字で付け加えられた会話。

**みたいね、と想像をふくらませたり、
たくさんとれたら、**を作ろうと、期待感をふくらませたり
子どもの気遣いに喜んで、共感したり、
空想的な遊びに発展したり・・・

子どもの言葉を受けて、いかに親がふくらませ、楽しめるかが
大切な視点だと感じます。

  冷たい水はおいしいね。
  → たくさん 遊んだものね。
  → この前行った、谷川の水みたいに冷たいね。
  → いっしょうけんめい働いたものね。 2人で飲むとおいしいね。

経験と結びつけ、子どもに共感する言葉かけを、心がけてみませんか。

        *   *   *
 
 2歳2ヶ月のMちゃんの絵

 「とんぼのめがね」の歌を、絵にしたもの
 顔以外のもの、自分の考えているものを、大人の感じ方とは違う方法で
 描くことを楽しんでいる Mちゃん。
 歌という、形にないものを、形で描きあらわすことができるんだ!
 という発見です。

        *   *   *
 

 野草に目を向けることで、おだやかな美意識が育ちます。
 派手さはないけれど、小さくて存在感のある野草。
 しゃがんで見つめることで、相手によりそう感覚も、自然に
 身につくのではないでしょうか。
 野草の名前もいろいろで、調べる楽しさもあります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ