わたしたちは、子育て真っ最中の普通の母親達です。 月に一回、寺内定夫先生(財団法人文民教育協会理事長)をお迎えして、語らいの子育てについて学んでいます。 親子の絆が、穏やかに、深まるように・・ 子どもと接することが、多くの発見と豊かな感性を育み、楽しみに満ちたものであるように・・ わたしたちも、日々、努力しているところです。 おもに八王子市台町市民センターで活動しています。 子どもの感性、子育てのヒントを学ぶことはもちろん、子育て真っ最中の仲間たちとつながる場になっています。

2008/10/4

連続セミナー  イベント

空想を楽しむ子育て  08/10/4(土)
    ポケモンや基地ごっこだけじゃない
 散歩・入浴・落ち葉・折り紙からも生まれる空想世界

   

八王子生涯学習センターとの共催セミナーも、今回が最終回。
今回も、寺内定夫先生に課題をいただき、『空想を楽しむ子育て』
というテーマで、研究会を開催しました。

ここでいう空想・ファンタジーは、夢のようなおとぎ話ではなくて
生活の中での楽しい気持ちや、希望、想像をまじえた空想のことです。
自分の描いている空想が、生活に即した形で表れているのが、
下の絵の例です。

  6歳
 つかまえたクワガタにヘイ!と呼びかけているところ。

  4歳
   昼間 出てくるオバケ

  4歳
 お父さんとお母さんの結婚式 (憧れをもった空想の絵)

これに対して、アニメやゲームの影響が大きく、生活の実体験と
直接結びつかない バーチャルな絵を描く子どももいます。

   4歳
    ゴーオンジャー

   6歳
    好きなゲームの世界


園で描く 普段描きの絵の中の子どもの空想が、生活(実体験)からでなく、
アニメやゲームから広がっていることを、どう考えたらよいか
 
その点について、先生が、今の小学校図工教育・中学美術教育の現状を
話されました。

普段、アニメやゲームのバーチャルな世界にひたっている子どもが増えた
ことで、空想だけでなく、日常的に、現実の生活を見つめる機会が
減ってきている。
経験不足ということです。
ものを見つめる習慣がないから、小学校で写生ができない。
そこで、造形遊びという手立てが考えられたが、中学へ行くと、いきなり
写実的な絵を要求される。
見つめる目が育っていないという問題が、棚上げされた形になっている。


ものを見つめるということは、ものに対する愛着がわくということ。

たとえば、一輪の野草に心をよせ、観察し、自分なりの名前をつけることで、
興味をもったとしたら・・・
その後、その野草のことを調べ、本当の名前や特徴を知ることもできる。
見つめる経験が少ないということは、それに対する知識も獲得できない
ということ。

木は見るけれど、木肌のおもしろさに気づく子は、少ない。
これなどは、身近に取り組める例だと思います。


     *   *   *


毎回、次の会までの間、家庭で取り組める課題を出してもらいますが
今回は、『空想を楽しむ子育て』
毎回30分間、メンバーの一人が、その記録や感じたことを語ってきましたが、
今日の担当Iさんの話から。

・お風呂の中はファンタジーの宝庫
・夜 寝る前のおはなしで共有した、楽しい気分

空想は、自分の見方をちょっと変えるだけで、ずいぶんと広がって
子どもと楽しい気分を共有できた。

そして、お父さんと子どもたちとのかかわりにも触れ、
「お父さんの手といえば?」の問いに、
2人の子どもの答えが、「ヒルちゃんをぬってくれる手」(次女・4歳)
(ヒルちゃん:アトピーの保湿剤・ヒルロイド)
無言で手をつなぐジェスチャーをして、「外で歩いていると
そっと出してくれる手」(長女・小3)
特別なときの、遊んでくれる手ではなく、日常的な手として
とらえていたことに驚き、うれしく思ったという話は、印象的でした。

今回は、秋の行事と重なり、全体的に少人数となってしまいましたが、
お父さんの参加が5人あり、お父さんにもこうした子育ての話を
共有してもらえたことが、収穫でした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ