2010/10/27

座談会に初参加  

今年の1月に発売された潰瘍性大腸炎の治療薬「アサコール」に関して、そろそろ発売されて1年になるのを機会に、「メディカルトリビューン」という雑誌(医学専門誌)に掲載される記事の取材を兼ねて、昨夜26日・浦和ロイヤルパインズホテルで座談会がありました。
埼玉県のドクターで主に炎症性腸疾患の患者さんを多く診察している5名が集合し、ほぼ1時間にわたって意見交換をしました。その分野では有名な偉い先生が多くて少し緊張!

現在では炎症性腸疾患(主に潰瘍性大腸炎とクローン病)の治療法はどんどん新たなものが開発されていて、患者さんのQOL向上に役立っていますが、我々医師の側としてはその進歩に乗り遅れないようにしないといけないので・・・
こういった勉強の機会は大事にしないといけませんね(^-^


クリックすると元のサイズで表示しますかくれクマノミ
10



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ