2015/2/26

IBDフォーラム  

暖かいものの雨が降ったりやんだり
なんとなくはっきりしない一日でした

今日は診療終了後浦和のホテルで研究会に参加
いつものように炎症性腸疾患(IBD)関連です

教育講演では整形外科の教授から
「ステロイド性骨粗鬆症」についてです
副作用を考えなるべく使用しないようにしている薬ですが
かなり早期から骨に対する影響は出始めるそうで
改めて使用方法を考え直させていただきました

特別講演は福岡大学の教授から
「炎症性腸疾患と発癌」というタイトルで
クリニックの患者さんでも経験しています
特に経過の長い患者さんが増えている現状では
これからさらに大きな問題になると思われます
やはり定期的な検査が重要と啓蒙していくことが重要です

いずれもよく知られた問題点でしたが
深く考えるいい機会になった良い講演会でした

クリックすると元のサイズで表示します
浦和ロイヤルパインズホテルで
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ