大阪、西天満にあるギャラリーです。
1969年の創業以来、現代美術の作品と西洋アンティークを中心とした骨董を扱っています。
ジャンルにとらわれない様々な美術品をご紹介しています。

2020/4/18  12:35

名探偵ポワロ  アンティーク

名探偵ポワロ



皆さん、名探偵ポワロをご存知でしょうか。

言わずと知れたイギリスのミステリー作家の巨匠、アガサ・クリスティの作品に登場する人物です。シリーズで何作にも登場しています。

ワタクシはミステリーが大好きで、特にアガサ・クリスティは大、大、大好きなのです!

先日より、イギリスで制作された「名探偵ポワロ」のテレビドラマがNHK BSプレミアムで再放送されていて、毎週とても楽しみなのです!

名探偵ポワロのシリーズは1920年代から1970年代まで、長きに亘って書かれましたが、テレビドラマの時代設定は1930年代のように見受けられます。

そう、これまたワタクシの大好きなアール・デコの時代です。

ドラマの筋はもちろんとても面白いのですが、それと同じくらい大注目なのが背景に映る色々なモノや建物。ポアロさんのオフィスの調度品や、秘書のミス・レモンのファッション、髪型、ちらりと写るブックエンド、照明器具などなど、アール・デコ様式の美しさ、洗練されたデザインにうっとり見とれています。このドラマでは、壁にかかる絵や窓辺に置かれる小さな彫刻など、時代考証された室内装飾が素晴らしいです。中国のアンティークの壷なども飾ってあったりして、当時のヨーロッパの美術センスをよく表現していると感心しながらドラマを観ています。また、街を走る車たち!現在の視点では立派なクラッシックカー、「当時の最新のクルマ」がドラマで実際に走っている姿は、見ているだけでウットリしてしまいます。(ワタクシはクルマも大好きなのです)

「名探偵ポワロ」は毎週土曜日の夕方5時過ぎからNHK BSプレミアムで放送中です。

ミステリーとアール・デコにご興味おありの方は、是非、調度品などに注目しながら見てみてください。アール・デコの魅力に目覚めるかも、です。

     クリックすると元のサイズで表示します

アールデコの時代に作られたレーシングカーの置物。アールデコ様式のシンプルでスカッとしたデザインは洗練されており見飽きることがありません。
ちなみにこのレーシングカーは1938年のドイツグランプリに出走していたメルセデスベンツの3リッターレーシングカー、W154にそっくり!これがモデルではないかと密かに思って悦に入っております。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ