MENU  固定記事

☆7月以降、ブログのアドレスが「https:」に変更になりましたが、以前のアドレスでも閲覧できます。
でもお時間がありましたら、お手数かけて申し訳ないのですがアドレスの変更をよろしくお願いいたします><


<緊縛> 源氏緊縛絵巻 | 筑波で緊縛 | 横浜で緊縛 | センゴクの女 (Special)

<Special>
箱根の諸道(初夏) | 一夜城の夢 | 八王子城(夏)

<ポートレートと旅> 旅写真日記一覧 | Travel Photo Diary in English

京都(春2012) | 京都(春2011) │ 京都(2010)
京都(夏冬2009) | 京都(夏秋2008)  |
鎌倉(晩秋)  │ 日光(冬)  | 信州(挽夏2013)
香港  | 台湾2013 | 台湾懐古 | タイをゆく
夢の海 | 夜の空港 | 江戸川(秋)  | 日本庭園をみる
加賀夏の陣 | 奥州伊達(霜月) | 肥後くまもとをゆく(如月)2015
初夏の小田原城と海(皐月)| 初夏の湘南 Beach(皐月) | 初夏の葉山Beach New
駿府(夏) | 遠州掛川と秘密の海(準備中)
磐州(2015晩秋)| 甲斐をゆく(2015初秋) | 信濃をゆく(2015 夏)
桜咲舞散 (2016) | 真夏の羽州米沢 (2017 夏) New
御岳渓谷動画 (V-LOG) New

iPadなどからご覧の場合には、Pingoo Memory Board などもご用意してあります。

ウェブページに「葉山ビーチ」「2017夏の米沢」を掲載いたしました☆

2018/11/13  8:38

山ごとお城な岩櫃城をゆく(1)  上州群馬をゆく

クリックすると元のサイズで表示します

うわ、雨降りそうだな〜><B

さて、群馬での2日目は吾妻(あづま)という場所にある「岩櫃(いわびつ)城」へ。これも続100名城で山城です。高崎のホテルから群馬原町までは44kmでほぼ1時間くらい。近いような遠いような・・・。でも1時間というと都内東から新宿に行くようなものなので、高崎に宿をとったのはとりあえずは正解だったと思う(・・; 途中の渋皮は地理的に日本のちょうどど真ん中に位置しているらしいです。中之条とかは温泉などで有名なところですね^^v 外国の方もたまにすれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します


上州こと群馬の地図再び

クリックすると元のサイズで表示します


駅で無料で入手できる岩櫃城のガイドマップ。ものすごく凝っています。岩櫃城関連だけでも5つくらいはマップがあるんじゃないかというくらいの「真田推し」。無料パンフは10種類を軽く超える勢い。

クリックすると元のサイズで表示します


駅には到着したものの、いつものように土地感覚がゼロ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずタクシーを呼ぼうということになって地図を眺めていると・・・。

とても紳士な方がお声をかけてくださって、「100名城ですか?もしよかったらご一緒にタクシー乗っていかれます?」とのこと。ぜひお願いします〜(・・;!! しかもおごってもらっちゃいました♪ めちゃくちゃ嬉しいです^^v

岩櫃城を散策してゆきます♪

クリックすると元のサイズで表示します


 ← ランキングになってます♪

2018/11/9  4:15

グルメ日記をかなりアップグレード  美味しいもの

ゆかのグルメ日記を2018年版としてリニューアルいたしました。あ、違った、昔のはそのままに、新しく追加しているという感じです(・・;

一発目はわたしに全然似合わないフレンチ! 東京駅付近にある名店「モナリザ」様です。詳しくはグルメ日記をぜひともご覧くださいませ^^v

なお、レンズは全てコシナのウルトロン40mm/f2を使っていたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


最近、遅ればせながら「テーブルフォト」にハマりそうです。フレンチといえばテーブルフォト。テーブルフォトといえば60mmくらいのマクロレンズ。そういうわけでお皿の近くで撮影できるレンズが欲しいです。あ!これをご覧の方、買ってください^^v お礼にガリガリくんを1本だけあげますからー><B

 ← ランキングになってます♪

2018/11/1  15:11

真田さんの沼田城を訪れる  上州群馬をゆく

こんにちは^^ ほぼ雨のない日が続いている関東です♪

え〜と、今回は沼田城の続きを書きたくて写真を見返していたんですが・・・。その場では結構いい感じかなと思っていたものの、ゆっくりしてから見返してみると、意外に枚数少ないし変な色とか多い(・・; とはいえ、現地でもうちょいねばるというのもできなかったりして、悔しい気持ちの残る沼田城でした。勢いでわたしの悩み相談なんですが、望遠ズームレンズってありますよね。詳しくはないのですがaps-cの「70-300mm」とかフルサイズの「70+200mm」とか。あれって、カメラマンさんと被写体とのあいだに、どうしても物理的な距離ができてしまって、それがそのまま心理的な距離になってしまうような気がして、何度やっても慣れません>< だって、135mmくらいだと結構遠いですよね・・・。どうやって遊べばいいのか(ーー;


クリックすると元のサイズで表示します

今回の続100名城に追加されたのは群馬のお城は「沼田城」「名胡桃城」「岩櫃城」の3つ。どれも真田ファミリーに縁の深い場所ということもあり「3つのスタンプ揃えるとクリアファイル(真田3名城)」がもらえます!しかもどこにも販売されていないので、実際にまわらないと手に入らないレアリティー(・・; 

スタンプはこれです〜!
クリックすると元のサイズで表示します


どのお城も真田さんと北条さん、それに秀吉さんも絡むという豪華な物語がついていて、歴史的には深い意味のある空間ながら、残念なことに「天守」やそれに類似する建造物は今ではもうありません(なくても私は気にしないのですが・・・)。でも最近の発掘調査で沼田城には「5層の天守閣」があったという証拠がでてきているようで、そのうち復興されるのかもしれません(かなり時間かかるようには思うけど・・・)。この下の写真が発掘中の天守跡。

クリックすると元のサイズで表示します

沼田城は真田昌幸さん(当時の彼は武田さんのとこの人で、信幸やゲームで有名な幸村さんの父)がいろいろな計略をはりめぐらしてその手中へ。でも秀吉さんの天下統一が間近になると、豊臣と北条の都合で無理矢理に北条さんの領土になってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、沼田城から目で見える距離にある名胡桃城(続100名城)というのを北条さんとこの家臣が無理矢理に獲得したことをきっかけにして、秀吉さんの小田原征伐がはじまるという、超大イベントのきっかけに(・・; 裏で画策していたのは真田昌幸さんだとあたしも思います。

この城址は資料館が併設されていて、中にあった模型も撮影できたりして、とってもいい感じでした。開放的な雰囲気と、自由気ままな空間。堅苦しい施設はどうにも好きになれなくて(ーー;

クリックすると元のサイズで表示します


この石垣は真田信幸さんの当時からあるものらしく、現存しているものらしいです。御殿桜とも呼ばれている大きな桜の木々がある空間で、春とかにはにぎわいそう♪

クリックすると元のサイズで表示します


沼田といえば「蕎麦」が有名なので、当日あいていそうなお店に向かいました。次回あたりは久しぶりのグルメ日記♪ 先月も今月も来月もお城へゆくぞ〜!

クリックすると元のサイズで表示します


---おまけ---
また少しずつ「ご当地限定おみやげ」がたまってきたので、コメントかメール(もちろんどちらも非公開にしますのでご安心を)でご応募いただいた方に、先着1名ずつ実際におみやげをお送りします(・・;! ネタではなくてちゃんとお送りします。でも「郵便局止め」という匿名配達をご利用できる方のみになります(あやしい・・・)。クリアファイルかボールペンのだいたいどちらかですかね(・・;

 ← ランキングになってます♪



AutoPage最新お知らせ