2014/11/30  0:00

塩竈の味  奥州仙台をゆく

クリックすると元のサイズで表示します


気が向くと追加するグルメ日記を久々に。

平安の頃に、今の京の街の東本願寺所領の渉成園からほどよい距離の場所に、

河原院という邸宅があったそうです。源氏物語の六条院はこれが元ネタだとかそうでもないとか。

源融(みなもとのとおる)さんのお住まいで、

京からは遥か遠く「みちのく」(奥州)の塩竈の情景を重ねて「塩焼き」をしていたとか。

クリックすると元のサイズで表示します


などということを書きつつも、いまいち

「あれ? わたしまた嘘書いてるかもしれない」と思い、

「街道をゆく(司馬さん)33 巻」の奥州と白河のくだりを読んでみると、

たしかに河原院はそういった歴史のある場所のようで安心しました(^^;


「塩焼き」。

前にこれを聞いたときに塩を焼いていたのかな?と思ったんですが(汗)、

実際には難波の海水を引き入れて、それを焼くことで塩をつくりつつ、

立ちいでる煙を楽しむものだったそうです。香りもものすごくいい感じなんだろうなぁ〜(・・;

いずれにしても、塩竈っていう地名の響きがなんかこう、味があって好き。


クリックすると元のサイズで表示します

白河の関・・・かぁ・・・。ぶっちゃけ、奥州での滞在中には完全に忘れておりました(・・;

そういえば、あったよね、そういうの・・・。

新幹線がそのあたりを(遠く横にずれるとはいえ)越えているときに

何かセリフを言わなきゃいけなかったんだ・・・。

奥州筆頭な伊達の政宗様も白河の関のあたりを通りを過ぎたとか。

「しらかわのせき」は二カ所あったというお話もあるようだけども、

関は一カ所のほうがロマンがあるなぁ〜とか思ったり。

クリックすると元のサイズで表示します


 ← ランキングになってます♪



2014/12/1  19:52

投稿者:ゆか

> 昆布 さん
弁慶に関する本って、たしかに少なめですね^^;
たいていは義経さんとセットだし・・・。

後日アップしようと思っている、
平泉での1日の中に、弁慶さんが出演予定です(・・;

2014/12/1  19:50

投稿者:ゆか

>pon さん
平安の人は香り好き。匂いフェチですね(笑)

塩焼きは、実際のところよくわからないんですよね〜><
推測なんですけど、たぶん源融さんあたりは、
塩の販売とかをしていたかもしれないですね〜。
宇治の平等院も彼の所有物だったし、
何かのあやしいブローカーだったのかも(謎)

2014/12/1  19:47

投稿者:ゆか

>まさみさん
とても久しぶりだったので、
つい珍しいものを我慢できずに・・・(ーー;

2014/12/1  12:46

投稿者:昆布ちゃん

おぉ〜♪
おいしそう・・・♪
( ̄¬ ̄*)ジュルル

陸奥には古よりの歴史が満載ですよね〜♪
個人的には弁慶が気になってます。
弁慶に関する書物は少ないんですよねぇ

2014/12/1  7:31

投稿者:pon

カニのみそ汁が美味しそう^^

塩釜、香りだけですか?
幾ら平安の人達が香り好きとはいえ
塩のにおいだけで、我慢できたのかな??

2014/11/30  5:14

投稿者:まさみ

すごく美味しそうですね。

こんな料理は食べたこと無いですね…


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ