2015/3/4  0:11

文字に恐れいった日  熊本をゆく

くまもと城の外側を相変わらずうろついていたそのときのこと。

なにやら、くまもんとは違う別のかわいいキャラさんを発見(・・;


クリックすると元のサイズで表示します

ひごまるというそうです。なんとなく「フニャン」としていていい感じ。

ゆるキャラに遅ればせながらハマりすぎてぬいぐるみとかもどんどん増えてゆく〜(・・;


クリックすると元のサイズで表示します

天守閣のある建物の中の一画に、なにやら古めかしい書が。

覗いてみると、

明智光秀
織田信長
関白秀吉
利休
徳川家康

と超級な人たちのお手紙などがいっぱい。

展示ガラス越しとはいえ、感動でカラダがフラフラに(・・;



アーティファクトなので写真に撮ることはできなかったのですが、

文字の持つ圧倒的な魔力にうっとり。



そういえば、本日は「3月4日」。
明治10年、西郷吉之助どん(隆盛)が熊本城を攻め落とそうとしたけど、
結局は抜けず。難攻不落は伝説に。
儚くも、にっくき(笑)明治政府の勝利になってしまったそうです。
あ、桂さん(木戸)は好きです^^;

クリックすると元のサイズで表示します



そういえば、司馬さんの「街道をゆく」の3巻は「陸奥・肥薩の道」というタイトル。
これはまず、陸奥のあたりを旅してから後日、肥後熊本から入り、南下して薩摩に入り、
特に肥後と薩摩の藩境いを実際に見るという、
とても味のあるスケジュールからきてるみたいです。

思えば、私も前年は陸奥は仙台・松島を行き、今年は熊本でまったりして、
次はどこにしようかなー?とか考えてました。

ということは、次に「薩摩・鹿児島」へ行けば、偶然にも街道をゆくをなぞることができるじゃん(・・;!!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


肥薩。

なんて奥深い響きだろう。


 ← ランキングになってます♪



2015/3/6  5:07

投稿者:ゆか

シエナさんへ

「そうだ、薩摩へゆこう」ですね〜^^v
格安航空券は購入期間が限られてるようで、
かなり悩みそうです(ーー;

近所のお城にも行きたいしで、時間がもっと欲しい〜!!

2015/3/6  5:04

投稿者:ゆか

まさみさんへ

昨日は・・・
実は風邪からきたっぽい激頭痛とだるさで横になってました;;
最近、咳はでないんだけど、頭痛と胃腸にきちゃうんだー><

ほんとうはおひな祭りをテーマになんか「やらかそう」と
思っていたんだけども、いろいろなことに追われていて、
できなかったー><

考えを練っていたんだけど、頭痛でダウンしちゃってごめんなさい
><

2015/3/6  5:01

投稿者:ゆか

昆布さんへ

田原坂、そのお名前だけは聞いたことがあります。
銃撃がもの凄かったそうですね。
なんでも、銃弾の密度としては二次大戦よりも凄惨だったと・・・


官軍の言い分も、西郷どんの言い分も、
どれほど考えても甲乙つけがたく、
なんというか、未熟なわたしは永遠の悩みループに陥ってしまいま
す(ーー;

京都の幕末志士ミュージアムで、
新撰組の方々の文字通り、血塗られた遺品を見たことがあるんです
が、なんで血を流すまでやらなければならないんだろうと、
やはり哀しくは思います。
あまたの血が流れすぎますね・・・。

2015/3/4  13:59

投稿者:シエナ

すっかり雅なむかしびと。
ぜひぜひ薩摩に飛んじゃってください。
何度も訪ねていながら、田原坂未踏のシエナよりエール♪

2015/3/4  11:36

投稿者:まさみ

日記の内容とは違うけど、昨日の女の子の日は素敵に過ごしたかな?

2015/3/4  9:54

投稿者:昆布ちゃん

雨は降る降る 人馬は濡れる
越すに越されぬ田原坂

とは有名な歌ですが、実はこの歌の意味は
薩摩軍の守備した田原坂を越せない官軍の歌なんです。

西郷どんは熊本城は落とせませんでしたが
清正公の整備した戦略的街道の『田原坂』を使って官軍
を迎え撃ったと言われています。

日本史上まれにみる局地的大激戦地だった田原坂には
今でも銃弾痕が多量に残っています。

戦国の世も、維新志士も、国を憂い己の信念に生きてい
たのでしょうね〜


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ