2016/2/28  18:34

不夜城の夢「九份(台湾)」  台湾旅日記(2016冬)

お天気がかろうじて「曇り」か「晴れ」になってくれるのを待ちつつ、
なんとか九份 (ji-fen)へ着いたわたしたち。
(アクセス方法は余談を参照♩)

クリックすると元のサイズで表示します


・・・混んでいるー><
でも中央通りさえ抜けてしまえば、あとはいきなり人が減ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します


いろいろと横道とかに入ってみるのも面白いかも。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(映画”悲情城市(A City of Sadness)”のロケ地でもある茶房の入り口にて)


九份へは4回目?くらいで、いまだに夜8時以降の景色を知らずにいます。
噂では、九分こそ夜が美しい・・・と聞くけれど(・・;

今回は撮影スポットがよくわからずに、迷宮の中をぐるぐるしちゃったけども、
次はもうちょっと、ゆっくりと歩いてみたいとか思いました。


--余談1(アクセス方法と発音)--

九份へのアクセスは台湾メトロ「新生忠孝駅(だったかな?)」から高速バスに乗り込んでほぼ1時間(途中ストップなし^^;)
コンビニでお手洗いを使えないことが多い上にいろいろと時間が読めないので、
ご注意くださいませm(_)m あと高速バスは現金かスイカ風なカードのみですー。

「九份」の発音は、九=ジーて、十=シーなので「ジーファン」みたいな音で、ちょっと紛らわしい。
シーファンというのもかなり有名な場所のようです(まだ行ったことない(ーー;)。



---余談2(高速バスでご注意)---

高速バスは座席数以上のお客さんを受け入れることがあるので、
イスの確保は確実にやったほうがよいです(・・;
最悪の場合、1時間以上も立つことに・・・。あ、立つこと自体は大丈夫でも、
運転が荒いことが多いのでぶつかったり転んだりのリスクを考えると、座席確保だけは譲れない感じです^^;
3人以上なら帰りはタクシーのチャーター(合計8千円)とかのがいいかも。。。


 ← ランキングになってます♪
タグ: 台湾 九份 台北



2016/4/27  18:40

投稿者:RING

今日はじめてゆかさんのページ見つけました。写真いいですね。ゆかさんも和な感じがとても似合ってます。ホットパンツも。。とてもきれいだ。
僕もD700フルサイズユーザーです。
シャッター音が萌えます。一本鞭があたるかのような潔さ。
和装のゆかさんを麻縄で縛って写真撮ってみたいです。

2016/3/2  8:05

投稿者:ゆか

KAZU さんへ

はいー!^^
まさにここが伝説の九分です☆

映画などで登場する「有名な階段」は、
ラスト写真の茶房のあるところなんですが、
ここはとてつもなく混んでおります><

いつもそこで雰囲気のある写真を撮りたいと思うものの、
あまりの人の多さで、昼間の撮影は至難の技かもです;;
(密度的にはディズニーランドの2倍は混んでます)

あ、この提灯は望遠レンズでなんとなく撮ってしまいました^^;

2016/3/1  20:11

投稿者:KAZU

ここは伝説の九份ですか?
YUMI は台湾の映画やドラマが好きで、
あの階段は度々登場するらしいです。
中国茶を飲みながら、夜景を楽しみたいなぁ〜

「戯夢人生」
カフェかレストランですか?
なんといい名前。

「余談」もありがとうございます。
こういう現地情報は貴重です。

http://acouplefallinginlove.blog.fc2.com


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ