2020/7/11  16:21

オクラホマ州のネイティブアメリカン問題(1)  アメリカ政治

今回の話はちょっとまだ詳細がよくわからないので、ネタ帳程度に・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

アメリカにオクラホマ州という州があります。その東部がネイティブ・アメリカンの管轄?になると最高裁が認可したけど・・・。アメリカという国がネイティブ・アメリカンの土地を奪って建国されたのは事実でしょう。しかし、すでに200年以上経過している上に、実効支配という概念がある。世の中には実際に支配してはいないけれども、排他的水域の問題で所有が争われることもありますよね。

でもオクラホマ州は明らかにアメリカ合衆国でしょう。こんなばかげた主張が通るなら、日本でも廃藩置県や版籍奉還を今になって無効と主張して、独立する地域がでるかもしれない(おそらくはチャイナマネーの介入で)。それがどれだけ異常な状態か。

この一件、ものすごく怪しい。オクラホマ州といえば、トランプ大統領がラリーを大成功させたタルサのある街です。ほぼ確実にトランプ州になる。なので、そこの大統領選挙代理人(エレクトラル・カレッジ参照)の数を減らそうとしている勢力のしわざじゃないのかな? この流れはものすごく危険すぎる。アメリカ民主党はアメリカの基盤をまさに破壊しようとしている。それにしても、まさかアメリカがここまで統治がずさんだったとは・・・。政府が土地の統治の権利を定義し忘れていたなんてことがほんとにありえるのか。




2020/7/13  8:21

投稿者:昆布ちゃん

それを認めてしまったら、
移民してきた人達の子孫は
第二のユダヤになりかねないですね。

http://cobchan.blog121.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ