2020/7/16  0:11

ハリーポッター問題とリベラル左派のメンタリティ  アメリカ政治

ハリーポッターで有名な JK ローリングがハリーポッターについて以下のことを言ってました。

1 ガンドルフはゲイ
2 ガンドルフはハリーポッターを実は愛していた
3 ハーマイオニーは白人とは限らない


あたしより
ゴミです、ゴミ。それ以外にコメントのしようがない。あれだけ映画を出しまくっていて10年以上やっていたでしょう。本人は監督ではないにしても、監修していたはず。ハーマイオニーは白人だし、ガンダルフがゲイなんて聞いたことない。単にリベラル過激左派に媚を売り、「woke スコア」を稼ぎたいだけ。


ハリーポッターは作品としては優れていて、途中でグダグダはあるけども基本的には面白いと思う。スネイプ教授などもとてもいい演技。映画として最近のハリウッドの中ではかなりまともなほうです。

しかし作者の人間性がひどすぎる。リベラル過激左派っていうのは基本的に暴力団であり、一度膝を屈すると、無限につけこんでくる。予想通り、 JK ローリングは最近「キャンセル・カルチャー」の標的になっています。ジョニー・デップみたいに全く動じないのが正しい。






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ