ティーカップブログは2022年8月に終了しますので、FC2ブログに移行中です。
テキストはすでに移行してあります。写真はちょっと時間がかかりますが、なんとか移行してみます。
日記の記事は製本媒体(記念用)やEpub(電子書籍)などで後日配布も考えています。
メインウェブサイトもよろしくお願いします。

2021/8/7  19:09

PCRは今の流行病には使えない。精度20%  減量、美容外科、整体

はい、こんにちわん〜🐻

みなさんは都内で4000人のPCR陽性者!とかで騒いでいたりしますでしょうか。

それ、全部ウソですから。アメリカだとPCRは精度が低すぎるので全廃の方向で確定しました。つまり、2020年の初期から言われていたのですが、武漢ウイルスの検知にまったく適していない科学的技法であって、いわゆるPCRのみを単独で用いて陽性・陰性を判定自体が意味ありません。したがって、その数字を追跡すること自体がそもそも科学的に間違っています。

わたしはこの病気のウイルスの存在自体を疑う者ではありません。しかし、精度が20%前後というのはおみくじ並みのできで、とてもではないけれど、科学でもなんでもありません。

唯一参考にすべきは、「死者数」のみであり、「重傷者」もまあ参考にはなるでしょう。ただし、PCR陽性はほんとうに何の意味もないので、バカなことを妄信すべきではありません。

最終的な確定診断の結果「陽性」であった人が「陽性」なのであって、当然のことながら、最終的な確定診断で陽性でない人は陽性ではないのです。この当たり前のことをあえて言わないとならないところに、日本の一般的ニュースの低度の低さが見てとれます。

今回の疫病は終始一貫して「単に中国共産党政府の責任」であって、おそらくはウイルス兵器として開発していたものが事故で漏洩したものと思われますが、他の国々は全く何の責任もありません。ここを見誤ってはならない。あたしが極度の中国嫌いだからそういうことを言うのではなくて、これらの話が無数にあるから、中国嫌いなのです。

そんな中、河南省の鄭州という街で大洪水が起きました。公式の死者は40人前後。実際には5日ほど前の段階で、少なくとも6000人が死んでいます。しかも、これは天災ではない。トンネルを、なんと地方政府自体が出入り口を閉じたり、浸水中の高域エリアに電気を流したのです。この事件はすでに軍の管理下にあり例によって詳細は不明ですが、多数のソースによれば、すでに1〜3万人規模の死者が出ていて、現代国家とは考えられない状況にあります。それが中国なのです。







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ