2021/8/31  4:41

横浜市長選と共産主義(コロナ脳とは  

横浜の市長選挙は結局のところ「カジノ賛成かどうか」「コロナ対策」という2つのことしか論点になりませんでした。

新しい市長は立憲民主党が推薦する候補です。立憲民主党は掲げる言葉と中身が激しく違うので注意が必要なのですが、それよりもはるかに重大な話があります。それが、「立憲民主党は日本共産党と公式に同盟を結んでいる」という事実です。これはフェイクではありません。フェイクでこんなこと書いたら訴えられます。

では「日本共産党」とはいかなる組織なのか。政治学者の岩田温さんが言うように、日本共産党は通常の政党ではないのです。自民党や立憲民主党、社民党などとは根本的に違うのです。彼らはいまだに、以下の公約を維持しています。

1 日米同盟を破棄する
2 天皇を廃して、皇室を廃する
3 資本主義国家を武力闘争により転覆し、共産主義国家へ移行する

これは誇張でもなければ、ジョークでもありません。これらのことをいまだに公約に維持しつつ、自由かつ民主主義の日本において政党活動をしていることが、根本的に危険すぎるのです。だからこそ彼らは警視庁公安の監視対象になっています。

かつて日本では安保闘争やその後の学生運動などがありました。その直接の継承者がまさに日本共産党なのです。そんな日本共産党と公式に同盟する立憲民主党が、本当に日本人の命や未来、日々の生活について考えていると思いますか?

横浜の市長選は「コロナ怖い」という単純な印象で立憲民主党が勝ちました。しかし、あなたが選んだ人は日本共産党と同盟しています。2020年を過ぎてもいまだに武力革命を捨てていない集団なわけです。本当にコロナのほうが怖いですか?








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ