2010/4/27  8:12

局長の碑石の前で  旅行写真日記

この碑文、本物だそうです(;¬_¬) !!
九条通りの某Rホテルの前にあります〜

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 京都 旅行 台湾



2010/4/27  19:32

投稿者:ゆか

>高橋さん

こんにちは、ゆかです^^v

実はこの写真を撮影したのが2008年夏だったんですけど、
この碑文があるとは知らずに偶然宿泊したホテルの敷地内に
これがあって、何か不思議な感覚にとらわれました。

近藤さんの最後についてはほんとに残念です。
思えば、当時の組長さんらで生き延びたのは、
2番隊の永倉新八さんと3番隊の斉藤一さんだけですよね・・・。

新八さんの手記によれば、彼は白黒の映画を見たそうですけど、
土方さんや沖田さんが同席できなかったことが無念だったそうです。

2010/4/27  16:05

投稿者:高橋

ゆかさん、こんにちは。高橋です。
近藤勇の碑文、渋いですね。大政奉還のために時流が逆転して、
幕府に忠誠を尽くし、戊辰戦争を戦い、敗走。その幕府からは、
悲しいほどに裏切られて、練馬付近で斬首されてしまいました。
近藤勇の無念さのようなものが、ゆかさんの画像から感じられます。
何気ないショットですけど、すてきな画像です。
もちろん、ゆかさんもすてきな感性の女性だと思います。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ