2012/10/18  1:38

無数の愛のカタチ  

屁理屈をこねるつもりはないです・・・。

でも、「本当に愛し合えるのは、一人の男性に、一人の女性」っていうのは、

本当にそうなんでしょうか・・・?

「複数男性」と「複数女性」が愛し合うという形式が「異常」とされてから、

たかが100年もたっていない。

日本の歴史はどう短くみつもってもまともな記録だけでも1500年以上あるわけだし、

その中で、「一夫一妻」になってから本当にわずかしかたっていない。


私には、「特定少数」のSMプレイなどで交流する男性がいます。

先方もたいていはそうかもしれない。

でも、そういう形態は、平安時代とかの王朝文化を理想としている私の場合、

むしろ自然に見えてしまいます。

変な例えばですが、どれだけイタリア料理が好きでも、

和食だって食べたいし、ハンバーガーも食べたいし、

中華やフレンチも食べますよね・・・。ひたすらに「一筋」というのは、

私は自分にかんしては、理解できないです。。。



「不倫」っていうのは、「隠れて行うこと」だと私は思っているので、

お互いに理解したう上であれば、それはただの「交遊」だと思ってます。

私の「連れ」がとても大切にしている女性と私は何度も面識もあるし、

京都へも台湾へもいっしょに旅行したし、

いろいろと見習いたいことばかりで、ほんとにその子のことを私は人として好きです。


こういう関係は、批判されることが多いかもしれない。

でも私はそうやって生きてゆき、死んでゆきます。


例え・・・・ 社会不適合者の烙印をおされようとも、

そんな取るにたらないことはどうでもいいとしか思えないです。

そこまで、時間が残っていない・・・。


言葉づかいが、どんどんと地の自分で描きつつあります。

そういうことをしはじめた理由は、私がSMっていう世界に踏み込んだ

本当の理由は、「幼少〜10代におけるトラウマ」だからです・・・。

やっぱりいろいろなところで聞かれます。

「なんでSM好きなの?」「虐げられるのが好きなの?」って。

当たり障りのない返答なら10も20もあるけれど、

本当の理由は、「かつて、虐待されたから」です。

これもありがちかもしれないけれど、そんな自分を「なんとか正当化」するために、

虐げられると快楽につながるように、心を変えていきました・・・。

そうしなければ、生きられなかった。

でも、悔やんではないです。そんな暇はない・・・。


こんなことはお店時代とかでは絶対に書けななかったけども、

おそらくは、よくある理由だと私は思ってます。




2012/10/20  4:35

投稿者:ゆか

>ユースケさん

私のとんでもない記事にレスをいただきまして、
ありがとうございます><

私は、「自分の想いを貫こうとすることが難しい社会」
っていうのは、やむ負えないと思ってます。

だけど、もっと深刻なのは、
「自分の想いを貫こうという意思を表明するだけで、フ
ルボッコにあいかねないから、黙っている」というのだ
けは、あまりにも無念なことだと思います。

ただ、上みたいなことをかくと、
「= 他者への否定」とか「罵詈雑言」と
いっしょくたにされる可能性も結構あるのは、無念です


2012/10/18  15:47

投稿者:ユースケ39

>ゆかさん
まあ、「いろいろな人がいていいじゃないか」と言って
はいけない、とするのが「制度」の存在意義ですし、制
度に乗っかって反制度的な意見に感情的に対応する方が
頭を使わないですからね。
世の中には自分の頭と身体で考えない人が本当に多いん
だなと最近痛感していますが…おっと、これは愚痴です
ね、すみません。
自分の思いを貫こうとすると時には生きづらい世の中で
すが、ゆかさんが我が道を進まれるのを応援しています

2012/10/18  14:40

投稿者:ゆか

>ユースケさん
こういうお話って、きっと極端に二極化したカタチでし

お話ができないんですよね。
しかも「自分の考えをしゃべる」と「それに同感しない
人を否定する」がなぜかイコールになってしまっている
、そういう人があまりにも多いのは、哀しいことだと思
ってます。

私も、「結婚」という「システム」は
ほとんど信用していません。
人の友情や愛情は深く信じていますけども、
この制度は信じられないです。

本当に愛していれば、
結婚なんていうシステムがなくても、
ともに生きて、死んでいけるのが
当たり前だと思ってます。
(いろいろと財政面や法的な事情がからむから、
やむ負えないのは、無念です。)

2012/10/18  13:11

投稿者:ユースケ39

「本当に愛し合えるのは、一人の男性に、一人の女性」
…私も嘘だと思います。
男がこういうことを言うと、自分に都合のいいことを言
っているとしか受け取られないことも多いですが(^-^;;
そういうご都合主義的な意見ではなく、人間以外の哺乳
類の活動の様相などに鑑みても、人間の過去の歴史を繙
いても、一夫一婦制は「誰かの理想」に基づいて作られ
た「制度」でしかないと常々考えています。
谷川俊太郎は「なぜ結婚したのですか?」という問いに
「結婚(=一夫一婦制)という『制度』を信じているか
らです」と答えました。
私はこの『制度』を信用することはできません。

長々とすみません。
ブログは毎日拝見していますが、今回の記事は「おおっ
!俺もそう思う!」と思わずコメントしてしまいました

後半のSM性癖の由来についても、何か似ているようなと
ころもあったりして。

これからも頑張ってくださいね。
応援しています。
急に冷え込んだりしますのでご自愛くださいませ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ