2012/10/18  2:48

彼女の抱いた夢  エロスSM

わたしがとあるお店にまだ在籍していた頃、

風の噂ではその女性はもうそこにはいないけれども、

とても感銘を受けたことを鮮明に覚えてます。

いつか、自分の出身の街に、「風俗街」をつくるんだって言っていた。
(*詳細はもちろん書けないけれども)

壮大で、心から応援したいと思った。

現実には、今の法律やらなんたらを考えると、無念ながら無理だと思った。

でも、そういう思いが、本当に尊敬に値すると思いました。

これは、大言壮語とは違う。よく、大言をバカにする人がいるけれども、

それはおかしいと思う。夢とか目標って、どちらにしても未来のことだから、

確実なことなんてわかるわけない。わかったら夢でもなんでもない。

無理かもしれないけれども、「とにかくやってみるんだ!」っていう、

そういう心が私は大好きです。取り返しがつく限りは、

失敗なんていくらしたっていい。

その女性に出会ったとき、私は、そのお店から身を退く最終的な決心がつきました。

逆立ちしても競えないと思ったから。

いつか、少しでも追いつきたいと思った・・・。




2012/10/23  23:40

投稿者:ゆか

>武徳 様
そのシーンに出くわしてからもう1年半くらい経つので
すけど、溢れるようなエナジーが今でも忘れられません


見込みなんて度外視でも、
動いて見るっていうのは私は好きです。

人の・・・ 打算なんて、
なんとなくたかがしれているようにも思います。
(→ これは自分への・・・ 戒めですけども)

2012/10/22  23:24

投稿者:武徳

何かいいですね そういう熱い思いが昔あったのを思い出しました ありがとう


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ