« 寒い | Main | うん »

2010/9/23

眠…っ  

連日の遅い会議とかで、帰りが遅い〜…。
夜飯食べて寝るのが精一杯って;;;

今日のお天気は雨でございます。少し雷も鳴ってる。
日中だと音しか聞こえないけど、夜の雷の光はすごいですね。
つい、雷切と千鳥を思い出してしまう!(脳内、やられてるよ)

サスケが千鳥を使うたびに、敵からは「カカシのだろ、それ(By デイダラ)」とか言われちゃって。サスケが7班にいた、カカシが師だったという証拠が形として残っている。

サスケは千鳥をいろいろアレンジしたり、兄との最後の決着を着けるためのとっておきの技としても千鳥(の応用である麒麟)を選んだりしていて、千鳥依存率高いですよねー。

千鳥は木の葉時代の、第7班にいた頃に獲得した術。里抜けした後でも、この術を使うとき、ふとカカシとの修業や7班のこと思い出したりするんじゃないかなとか、千鳥関係の妄想は後を絶ちません。
千鳥を与えたカカシ先生側の妄想もね!

2部になってからのカカシとサスケの再会はあのとき1回だけですが、やはりカカシ先生の前では、サスケはクールぶったり自分の感情を抑えずに吐き出してくれるんだなと。
「イタチの命と引き換えに笑ってやがる!!」「その笑いを悲鳴とうめきに変えてやる!!」

すんごいこと言ってるけど、取り残されてしまった今のサスケの切実な真っ直ぐな思いなんだと思います。

第2部になってからはなかなか感情を表に出してこなかったのでわかりにくかったけど、イタチを失った大きさは計り知れないんだろうと思う。イタチの真実に気づけなかったことも、イタチと話し合わなかったことも(イタチはサスケがどんなに聴いても本当のことは話さなかっただろうけど)、簡単には癒えない傷。

里を潰す、木の葉の住民の命を奪おうとするサスケの行動の善し悪しはわかりません。長年の確執のツケ、忍の歴史からなる憎しみとその中の犠牲者(イタチのように犠牲になった忍びだって他にもたくさんいるかもしれないしね)、その上で成り立つ忍び里。
里の存続に犠牲者はつき物だと考えたまま進むか、誰かを犠牲にして成り立つなんて許せないと潰しにかかるか。中間はありません。

イタチはサスケに里を守って欲しいと願った。その思いはわかっているんだろうけど、兄をあんな運命に陥れた木の葉を許すことはできない。
サスケの心中も複雑ですね。

傷が癒えない今は、自分の中のモヤモヤした思いを優先するほうが先に来てしまってるのかな。

なんにせよ、この先も見守りたいです。

って、なんか真剣な妄想になってしまった…!!雨降りだと気持ちが暗くなるからかな;;


☆9月20日 19時に拍手下さった方、パチパチたくさんありがとうございますvvv
☆9月21日 1時に拍手下さった方、ありがとうございますvvv

拍手のみでも大変嬉しいです(^^)





1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ